好評発売中!メッセージが安い♪

コストパフォーマンスに優れ、満足しています。網目が粗めなため、作業時間も結構短時間で出来るようです。まだ未使用ですが!大きさも丁度良いサイズです。

コスパ最強と噂の♪

2017年02月01日 ランキング上位商品↑

メッセージ軽く振るだけで綺麗な灰に! 【灰ふるい器 PART2】 香炉灰 用 ハイふるい器/香炉_仏具用品_線香立て_お線香_お悔み_砂_四十九日_メッセージ_お香_焚く_祭壇_仏壇用品_弔事_御仏前_線香差し

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

こしあみでとるのは!かなりの時間がかかっていましたから。これまで100均の灰網で燃えカスをすくっていましたが、これは異常に楽です。少し缶のふたがきついのか、注意しながらやらないと飛び散ります。埋もれたお線香を割りばしで取っていましたが、これはアッ!という間にとれ、灰が下に溜まるので戻す時も簡単です。機能は大変良かったです。 新聞の上の灰だけを使う3. きれいになった灰を戻す とのことでした。吊灯籠の照明器具を買うついでに!購入しました。そういえば説明に少し嵩張ると書いてありました。マスクして!ふるいで新聞紙などを敷いてきれいにしていましたが!商品見て簡単そうでお茶か海苔の缶みたいで出しっぱなしになっても変ではなさそうです。使ってみました。コンパクトで収納し易いです。早速つかいたくなりました。ものすごい勢いで灰が振るえます。4号の香炉の灰も一気に片付けられます。 缶の蓋を使用することで!灰の舞うのはかなり防げるし!気分的に楽でした。 私は!上下のふたをとらずにできるのかとおもってましたが!ちょっと勝手がちがいました。サイズをよく見ていなかったので勝手にお茶入れと同じようなサイズだと思っていたのですが案外大きかった。満足です。簡単に線香のカスが取れました、これは重宝しそうです。ふたをしてふるうのはアイデアですね。灰が飛び散らないのは良いのですが、灰を取り出す処理がうまくいきません。灰の再利用というか!固くなった灰も缶に入れて少し振ると!ふんわりしてキメも整いキレイな灰に。これは便利ものお店の対応もいいです灰処理が楽になって助かります。うまくいくやり方をA4一枚でも入れてくれると助かります。 それで、ふるう時に灰が舞ってしまわないように、1.やはり新聞を広げて、古い灰を缶に入れたら、ここで、薄い方のふたをする。新聞にも漉された灰はかなり落ちますが、新しい灰を移す時に新聞からすべての灰を移すよりも、この方が楽でした。ただ一度にたくさん入れると灰が舞い落ちるので敷物は必要です。説明通りに、はじめましたが、 説明書には、1. 新聞紙など広げた上で.古灰を缶にあける(ふたは保存の時の為だけ?)2。女性の手では最初!下ふたを外すのが少し困難でしたが一度外せたら大丈夫。たまにしかす使わないと思いますが、新しい灰をつぎまぜながら、無駄なく灰を使えるので良いと思います。まぁ!前より楽ですが。2.蓋の深い方を新聞の上に置き蓋の中に漉された灰が入るようにふるう。もう少し安かったらな!と今実際試してみました。想像通りの品物です。ちょっと大きめです。